絵画ヒストリー

大学受験時の予備校と絵画教室の選び方

美術系の大学に進学するために、多くの人は受験対策として美術予備校や絵画教室に通い始めます。その際にどの予備校を選べばよいのか、迷う事があります。予備校や教室選びのコツとしては、第一にそこの講師と生徒の雰囲気が自分に合っているかが重要な選択肢となります。大手予備校では自分のところの生徒だけではなく、夏季や冬期の講習会に参加しただけの生徒の数までカウントしていて、合格者の数を多く表示しているところもあります。ですので、合格率や合格者数だけで選ぶのは危険です。自分がここに通い続けられるか、もし受験に失敗したとしてももう一年ここに通いたいかを、自分に問いかけることが必要です。また、自分が美術のどの分野を大学で専攻したいのかによっても、予備校選びは変わってきます。予備校によって、絵画を専攻したいならここ、彫刻ならここ、デザインなら、工芸ならと得意分野は分かれています。一度近くの予備校や教室に行き、体験入学や面接して雰囲気を自分で確かめることが大切です。

絵画教室に通えば、仕事の能力を高める可能性があります

絵画教室とは、デッサンや油絵などを学ぶ場所です。芸術的なセンスを磨いたり、何かしら特別な感性を磨くために通う場所と思われている人もいます。デッサンや油絵と言う物は、対象を細かくとらえる物です。集中力が高まり、細かい内容にも意識を向ける物です。これは、仕事上にも効果を発揮する物であり、細かい場所に意識を向けれる人物として高い評価を受ける事も可能です。絵画教室で学ぶ内容とは、主に抽象的な内容の把握や、音楽などのリズムを司る右脳の働きを活発にさせる物です。インスピレーションや直感の働きは右脳による物が大きく、右脳を鍛える事によって仕事上の発想力を高める可能性があります。特に、企画をする部署に所属している人、新しい発想力を常に必要とする人、何かしら新しい事業を考えている人は、絵画教室に通い右脳を鍛えると、良いアイデアに出会える確率が高まると言えます。現在は、仕事帰りにも通えるカルチャースクールが豊富にあるため、最低限、一週間に一時間は通う事が大切と言えます。会社の研修として行う事も最適な内容と言える物です。


このページの先頭へ▲

『絵画教室』 最新ツイート

@eronakadouga

ネットでヌードデッサンモデルを募集し、セックスシーンまでを描写する絵画教室を開催!超下品な恥ずかしすぎるポーズを一般女性たちに要求!動画再生→https://t.co/yiDBsk10hh 続き→https://t.co/u6E0aT1Kfb

10分前 - 2018年05月21日


@runrunsunkus

<絵画教室>で女性美術部員が一人ずつ平気な顔して、裸になったら女子校生はヌードモデルになるのか!? https://t.co/BBF5br9vDN

1時間前 - 2018年05月21日


@sato_kashiwa

中1のときに、東京芸大の学生が「ミロ絵画教室」を始めたのを自分で見つけて、通いました。今思うと、よくそんなの行ってたなと思うんだけど、中学生で芸大祭とか連れてってもらって、美大生に面白がられましたね。「何やってもいいんだよ」という場を与えてくれました。

1時間前 - 2018年05月21日